お墓じまい

残された家族のために「墓じまい」

仏壇

少子高齢社会の今、お墓を守ってくれる跡継ぎがいないという方が急増しています。子供が結婚しない、娘しかいないなど、お墓を管理する後継者がいなくて墓の管理をめぐるトラブルも増えています。残された家族のために迷惑をかけたくない等の理由から「墓じまい」を選択する方が急速に増えています。
先祖から受け継いでいるお墓を撤去して永代供養墓や散骨などで「墓じまい」を行えます。「墓じまい」は自分が亡くなってから、病床に臥してからでは遅いです。自分がしっかりしている元気なうちに行うことです。それが残された家族のため、またご先祖のためにもなります。「墓じまい」のタイミングはご自身が先祖のために今まで供養を頑張ったと思った時がタイミングかもしれません。
「墓じまい」を行う際は手順があり、かなりの手続きも必要となってきます。遺骨を勝手に動かすことはできません。行政やお墓がある寺や霊園に出向いて手続きを行い、石材店にお願いしてお墓の整理も必要となります。本当に手続きと整理やお願いが必要となり、一人で行うと時間と労力がかかります。そういった面倒な手続きや整理など全てを行ってくれて、最後の永代供養や散骨まで行う「墓じまい」の業者があります。専門業者なので、相談にのってくれますし安心して「墓じまい」ができます。

Post List